www.ycwsjdw.com

ヘルペスは痛みを感じたらすぐに病院へ

ヘルペスにも色々と種類がある様ですが、中でも口唇ヘルペスは昔から「熱の花」とも呼ばれ、決して珍しい病気ではありません。
免疫力が低下すると発症するウイルス性の病気で、風邪を引いて免疫力が低下し熱が出た時に鼻の下や唇がチクチクと痛み出して、放置しておくと水疱が出来てなかなか治りません。
彼女に聞いたこのサイトヘルペス←がオススメです。

 

一度かかると一生お付き合いしていかねばならない病気で、風邪だけではなく、ストレスが溜まった時にも症状が出たりしますから要注意です。

 

私の知り合いは以前、ストレスによって口唇ヘルペスを発症して唇全体が水疱まみれになり、食事もままならない状態になっていました。
女性でしたので見た目を気にしてマスクを着用し、そのマスクで水疱が潰れて症状が悪化し中々治らず、とても可愛そうでした。(水疱の内容物が付着すると、次はその箇所に水疱が出来ます。)

 

別の知り合いは自分がヘルペス持ちである事を充分に理解していて、唇付近がなんとなくチクチクとしてきたら、いつもすぐに病院へ行って飲み薬を処方してもらっています。
水疱が出来る前にヘルペスの抗ウイルス薬を飲むと、症状が治まるからです。
気になる詳細はここ→ヘルペス 薬に詳しい情報が載ってます

 

ヘルペスは薬を服用するのが早ければ早い程、症状が軽いといいます。
水泡が出来てしまう前、チクチクと痛みを感じている段階での服用が一番効き目があるとの事。

 

身体の片側に帯状に水疱が出来る帯状疱疹も同じです。
最初は横腹付近の皮膚が、服があたるだけでもヒリヒリと痛みを感じます。
その痛みを放置しておくと数日で水疱が出来て、それが帯状に広がっていきます。

 

とにかく早く病院へ行く事。
ヘルペスにはそれが一番です。
母が教えてくれたサイト→カポジ水痘様発疹症を参考にしてください。